ワーホリ勢必見!Wise(ワイズ)で海外から日本に送金する方法を解説【2024年最新】

ゆりやん

しゅーやん、ワーホリで稼いだお金どうやって日本に送ろうね。

しゅーやん

実は、Wise(ワイズ)という海外送金サービスを見つけたんだよね!
使い方も調べたから紹介するね。

この記事では、オーストラリアワーホリ経験者の私たちが、ワーキングホリデーで稼いだお金をWiseを使って海外から日本に送金する方法を解説します。

実際に私たちも、ワーキングホリデーで稼いだお金をどうやって日本に送ればいいか分からないでいました。そんな時に出会ったのがWise(ワイズ)です。

Wiseを使って海外送金を行えば、一般的な海外送金方法よりも手数料を抑えることが可能で、今なら最大75,000円までの海外送金にかかる手数料が無料になるクーポンも配布しているので、海外送金で損をしたくないという方は必見です!

ちなみにWise(ワイズ)って何?という方は以下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
海外送金Wise(ワイズ)の使い方を解説!アカウント作成・本人確認の方法を紹介【2024年最新】 海外送金サービスWiseの使い方やかいが送金の流れをまとめ、本人確認の方法・Wiseデビットカードについて解説。Wiseの海外送金で手数料を抑えられる仕組みやメリット・デメリット、複数の通貨の口座を無料で利用できるマルチカレンシー口座についても紹介しています。
このサイトの運営者

ゆりやん&しゅーやん

・オーストラリアワーホリ経験者

・元外資系ホテル勤務

・旅行好き

Instagram:https://www.instagram.com/yaus_life/

X(旧Twitter):https://twitter.com/yaus_life

よろしくね!
目次

Wiseの海外送金の仕組みを紹介

Wiseの特徴として手数料を抑えて海外送金が行えることが挙げられますが、なぜ手数料を抑えて海外送金を行うことができるのでしょうか?

まずは、Wiseの海外送金の仕組みについて簡単に解説したいと思います。

通常、国際送金にはSWIFTと呼ばれる仕組みを利用して他国への送金を行います。SWIFTは、世界各国の銀行間をつないでいるネットワークで、お金を送金後、複数の中継銀行を介して送金先へとお金が届きます。中継銀行を介した分だけ手数料や時間がかかってしまいます。

Wise公式サイト

しかし、Wiseによる送金では自国のWise口座にお金を振り込み、そのお金をWiseが他国の口座に移し、同国の受取人口座に振り込まれるという仕組みのため、手数料や時間を抑えた海外送金が実現しています。

W

Wiseで海外から日本に送金するメリット

また、Wiseで海外送金をするメリットにはどんなことがあるのでしょうか、デメリットと合わせて紹介します。

メリットデメリット
・リアルタイムの為替レート
・格安な手数料
・個人・法人ともに利用可能
・法務局に登録済のサービス
・支店の取り扱いはなくオンラインのみ
・本人確認が必要

Wiseの大きなメリットとして、リアルタイムの為替レートで取引が行えることや格安な手数料が挙げられます。

ここでは、オンラインのみの対応をデメリットとして取り上げましたが、言い換えてみればオンラインで全ての手続きが行えるということでもあるので、既に海外にいるけれど日本からお金を送金したいという時にも便利なサービスであるとも言えるでしょう。

Wiseの登録方法

それでは、Wiseの登録を行っていきましょう。

STEP

Wise公式サイトから「アカウントを開設する」をクリック

まずは、Wise公式サイト(https://wise.com/jp/)から「アカウントを開設する」をクリックしてください。

STEP

メールアドレスを登録

Wiseメール登録

次に、メールアドレスを登録します。

STEP

アカウントの種類の選択

続いて、アカウントの種類を選択します。

多くの方は個人口座で問題ないと思います。

STEP

居住国の選択

次に居住国の選択を行います。

既に海外で生活している方でも日本から海外送金をすることができるので、現在居住している国を選択してください。

STEP

電話番号登録・SMS認証

Wise電話番号認証

続いて、電話番号の登録と認証を行います。

STEP

パスワードの設定

最後にパスワードを設定したら、無料アカウントの登録は完了です。

アカウントの登録が完了し、「続行」というボタンを押すと利用サービスの選択欄が出てきますが、ひとまずは「あとで」を押して大丈夫です。

Wiseで海外から日本に送金する方法!

次にWiseで海外送金を行う方法を紹介しますが、Wiseでは海外送金を行う際に本人確認があるので、事前に本人確認書類などを用意しておくとスムーズに手続きを行えるでしょう。

▶︎本人確認書類

【日本に居住している方】
・身分証明書(マイナンバーカード/運転免許証など)
・マイナンバーを確認できる書類(マイナンバーカードがあればそれだけでOK)
・ペンと紙

【海外に在住している方】
・パスポート
・ペンと紙
・パスポートが本人と確認できる書類(公共料金の請求書/運転免許証/銀行やクレジットカード明細など)

STEP

送金額・送金通貨を選択

ここでは、自由に送金額を設定できるので、手数料やレートを確認しながら行ってください。

STEP

送金元の情報と受取先の情報を入力

送金額と送金通貨を設定したら、送金元・受取先の口座情報を入力していきましょう。

STEP

利用目的・年間予定送金額などを入力

続いて、利用目的・年間予定送金額などを聞かれるので、概算で良いので入力します。

STEP

本人確認書類のアップデートし、スマホで本人確認スタート

事前に用意しておいた身分証などを用いて、指示に従い本人確認を進めていきましょう。

マイナンバーカードを持っていれば、それだけで済むので、本人確認書類にはマイナンバーカードがおすすめです。

STEP

受取人の居住国・送金目的の入力

本人確認などのアップロードが終わると、受取人の居住国・送金目的などを聞かれるので、入力します。

STEP

送金詳細の確認後、Wiseへ入金

最後に、送金の詳細を確認して、入金を行えば申請完了になります。

あとは、受取先の口座に入金されるのを待ちましょう。

Wiseの手数料無料クーポン(紹介コード)は後からでも使用可能!

既にWiseの登録は完了しているけれど、「クーポンを貰わずに始めてしまった!」「クーポンがあることを知らなかった」という方もいるでしょう。しかし、手数料無料クーポンは後からでも使うことができるので大丈夫です!

以下のクーポン登録の流れを参考にしてください!

招待クーポンの登録方法

まず初めに、以下のクーポン(招待リンク)をコピーしておきましょう!

https://wise.com/invite/dic/shutom22

STEP

Wiseのスマホアプリから右上の「¥7,500を稼ぐ」をクリック

まずは、アプリにログインしたら右上の「¥7,500を稼ぐ」をクリックしてください!

STEP

招待ページが開いたら一番下までスクロール

次に、招待ページが開いたら一番下までスクロールしてください!

STEP

「招待リンクを入力する」をクリック

一番下までスクロールすると、「招待リンクを入力する」という項目が出てくるのでクリックしてください!

STEP

招待リンク「https://wise.com/invite/dic/shutom22」を入力

ここで、一番最初にコピーした招待リンク「https://wise.com/invite/dic/shutom22」を入力して送信すれば完了です。

Wiseの登録が完了した後は、今回解説したように自分の招待リンクを友達に共有することで、お友達も最大75,000円までの海外送金にかかる手数料が無料になります!もし、お友達にWiseを初めてみたいという方がいたら友達にもシェアしてあげてみてください!

海外から日本への送金はWiseがおすすめ

ワーキングホリデーから帰国する際に、困るのが現地で稼いだお金を日本に送金することです。現金で持ち帰って日本で外貨両替を行うという方法もありますが、現金で持ち込める金額には上限があるので、現実的ではないでしょう。

また、利用している銀行間で送金を行うという方法もありますが、こちらの方法は実際にしゅーやんも利用したところなかなか手数料がかかったのでおすすめはできません。

海外から日本への送金方法に悩んでいる方は、ぜひWiseを利用してみてください!

Wiseに登録すると海外送金だけでなく、海外旅行や日々の決済にも使えるデビットカードを発行することもできるので、興味のある方は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
Wise(ワイズ)デビットカードの評判は?メリット・デメリットや使い方・入金方法を解説! Wise(ワイズ)デビットカードの評判を元にメリット・デメリットを紹介しています。また、Wiseデビットカードの使い方・入金方法やアカウント作成・カード発行方法をわかりやすく解説。各種デビットカードとの手数料も比較しているので参考にしてください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゆりやんの相方です!

ゆりやんと過ごしたオーストラリアでの体験談や英会話、海外旅行の発信を行っていきます!

ゆりやんのSNSのフォローよろしくお願いします。

目次