ワーキングホリデー協定国どこがおすすめ?費用や年齢制限など詳細をチェック

ワーキングホリデー どこ行く?

※この記事はプロモーションを含みます。

この記事では、ワーキングホリデーを検討している方に向けて、おすすめのワーキングホリデー協定国や、ワーキングホリデーに必要な費用、おすすめポイントなどを紹介しています。

ワーキングホリデーには年齢制限がありいつまでも行けるとは限らないので最新情報をチェックしてみましょう。

そして、実際にワーキングホリデーを体験した私たちの体験談も紹介しているので参考にしてみてください。

まずは、ワーキングホリデーって何?という方はこちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
ワーキングホリデーとは?【2023年最新】体験談をもとに条件や持ち物を紹介! ワーキングホリデーとは?ワーキングホリデーを利用して滞在できる国や渡航前に済ませておきたい手続きや渡航前にやっておくこと・渡航前に準備しておくものなど、オーストラリアでワーホリをした経験をもとに紹介しています。
目次

ワーキングホリデーって何?留学との違いを紹介

ワーキングホリデーでは、その国に滞在しながら観光や就労、勉強など通常のビザでは許可されていないことができます。

ワーキングホリデーの目的は休暇を過ごすことを主な目的と定める国がほとんどですが、長期間の滞在を許可しているため、資金をまかなうための就労が許可され、就労のためには最低限の語学が必要となりますので学校への入学も許可されていると捉えていいでしょう。

ですので、労働や勉強を主な目的とすることは本来の目的と反するため、労働や語学学校への通学にある程度の制限がある国がほとんどです。

多くの国では留学生に向けたビザを発給しているので、語学習得だけが目的である方は学生ビザを利用するといいでしょう。

参考:文部科学省 トビタテ!留学JAPAN 日本ワーキング・ホリデー協会

ワーキングホリデーに年齢制限はある?

多くの国が18歳〜30歳までと定めています。国によっては18歳〜25歳までのところもあるそうです。ワーキングホリデーは年齢制限に厳しく、1日でも日にちを過ぎてしまうと権利を失ってしまうので気をつけてください。

現状すべての協定国で、31歳までにビザを申請しなければいけません。31歳の誕生日を迎える前日でも申請することは可能です。

しかし、申請書類などに不備があった場合は申請をし直さなくてはいけません。この時点で31歳を超えていたら再び申請することはできなくなってしまうので、余裕を持って準備しておくことをおすすめします。

人気のワーホリ協定国はココ!おすすめポイントやワーホリ費用を解説

ここでは、人気のワーキングホリデー協定国を5つ紹介します。

ぜひ自分に合った渡航先を見つけてみてください!

スクロールできます

オーストラリア

カナダ

イギリス

ニュージーランド

韓国
おすすめ
ポイント
・1年を通して天気がいい
・綺麗なビーチがたくさん
・自然と都会を同時に楽しめる
・フランス語も学べる!
・歴史的な建物がたくさん
・英語環境が作りやすい
・綺麗な大自然
・落ち着いた生活ができる
・料理が美味しい
・物価が比較的安い
住みやすさ★★★★★★★☆☆★★★★★★★★★★★★★
向いている人海外の友達をたくさん作りたい英語の勉強を頑張りたい伝統や歴史に触れてみたいとにかく自然が大好きファッションやグルメが好き
おすすめ度★★★★★★★★★★★★☆☆★★★★★★★☆☆
ワーホリ診断ワーホリ診断ワーホリ診断ワーホリ診断ワーホリ診断
おすすめワーキングホリデー先

オーストラリア

オーストラリアはワーホリビザの許可がおりやすいと言われていて、観光地でもあるため長年人気の渡航先になっています。

移民の数も多く、多種多様なバックボーンを持っている人が多いので語学力や各国の文化に寛容な人が多く、友達がたくさんできるでしょう!

オーストラリアのワーキングホリデーでは、ファームなどの特定の職種で一定期間就労すると、2年目・3年目のワーキングホリデービザの申請もできるので長期的に滞在の計画を立てている方にもおすすめです。

オーストラリアワーキングホリデービザを取得するには?

オーストラリアのワーキングホリデービザ申請料は$640(2023年7月時点)です。

  • 申請時の年齢が18歳以上30歳以下
  • 有効なパスポートを所持している
  • 心身ともに健康である
  • 子供を同伴しない
  • 過去にオーストラリアのワーホリビザを取得したことがない
  • 滞在費として十分な資金5,000豪ドルと往復航空券を購入できる十分な資金を所持している
  • オーストラリア国外から申請する
  • 犯罪歴がない

ワーキングホリデービザの申請に必要なもの

  • パスポート(有効期限が6ヶ月以上あるもの)
  • クレジットカード
  • 英文の残高証明書
  • インターネット接続のあるパソコン・スマートフォン

>>オーストラリアワーホリ申請はこちらから

ニュージーランド

ニュージーランドは、豊かな自然と落ち着いた街並みが人気で、お金をかけずゆったりと海外を楽しみたい方におすすめです。

物価も比較的落ち着いているので、節約をしながらコツコツと貯金をしていけばたくさんお金を貯められるかもしれません。

ゆっくりとした英語を話す人も多いため、英語が苦手な方にもおすすめできるワーホリ先です。

ニュージーランドワーキングホリデービザを取得するには?

オーストラリアのワーキングホリデービザ申請料は無料です。(2023年8月時点)

※ただし、ニュージーランド移民局指定病院でのレントゲン検査費用が必要となります。

  • 申請時の年齢が18歳以上30歳以下
  • 心身ともに健康である
  • 子供を同伴しない
  • 過去にニュージランドのワーホリビザを取得したことがない
  • 滞在費として十分な資金最低4,200ドルの資金を所持している
  • 滞在期間中の障害、疾病に備え医療保険に加入する

ワーキングホリデービザの申請に必要なもの

  • パスポート(有効期限が滞在期間+3ヶ月以上あるもの)
  • クレジットカード
  • 英文の残高証明書
  • 公的身分証明書(運転免許証、健康保険証等)
  • インターネット接続のあるパソコン・スマートフォン

>>ニュージーランドワーホリ申請はこちらから

カナダ

カナダは綺麗な街と自然が融合していて、アメリカにも旅行に行きやすいと人気のワーホリ協定国です。

四季を感じやすいところもカナダのおすすめポイントです。シーズンごとに楽しめるアクテビティが変わるのは嬉しいですね。

また、カナダのケベック州ではフランス語を公用語としているので、英語もフランス語も欲張りたい方におすすめの滞在先です。

カナダワーキングホリデービザを取得するには?

カナダのワーキングホリデービザ申請料は346カナダドルです。(2023年8月時点)
※参加費・労働許可書・バイオメトリクス登録の合計金額

  • 申請時の年齢が18歳以上30歳以下
  • 心身ともに健康である
  • 日本国籍を有する
  • 扶養家族を伴わない
  • 滞在費として十分な資金最低2,500カナダドルと往復航空券を購入できる十分な資金を所持している
  • 過去にカナダのワーホリビザを申請しワーホリ就労許可通知書の発給を受けていない
  • 滞在期間中の障害、疾病に備え医療保険に加入する
  • バイオメトリクス(指紋認証及び顔写真撮影)登録手続き

ワーキングホリデービザの申請に必要なもの

  • パスポート(有効期限が6ヶ月以上あるもの)
  • クレジットカード
  • 英文の残高証明書
  • 顔写真
  • 学校入学許可証
  • 履歴書
  • インターネット接続のあるパソコン・スマートフォン

>>カナダワーホリ申請はこちらから

イギリス

イギリスはハリーポッターなど、海外作品に出てくる観光名所が多く、毎年人気のあるワーキングホリデー先です。

ヨーロッパの最先端をロンドンなどの大都市では味わうことができるので、流行に敏感な方におすすめです。

アメリカ英語とイギリス英語の違いや、文化の違いを感じる事ができるのでより深く英語を勉強したい方にもおすすめです。

イギリスワーキングホリデービザを取得するには?

イギリスのワーキングホリデービザ申請料は£259です。(2023年8月時点)

  • 申請時の年齢が18歳以上30歳以下
  • 心身ともに健康である
  • 子供を同伴しない
  • 過去にイギリスのワーホリビザを取得したことがない
  • 滞在費として十分な資金最低£2,530の資金を所持している

ワーキングホリデービザの申請に必要なもの

  • パスポート(有効期限が6ヶ月以上で、空白2ページ以上があるもの)
  • パスポートのコピー(顔写真ページのA4サイズのカラーコピー)
  • クレジットカード
  • 英文の残高証明書
  • 証明写真
  • 抽選当選メール
  • オンラインで作成したビザ申請書
  • インターネット接続のあるパソコン・スマートフォン

>>イギリスワーホリ申請はこちらから

韓国

韓国は、いうまでもなく人気の渡航先になっています。特に大学生などの若い方がワーキングホリデーを使って長期的に韓国に滞在することが増えています。

韓国グルメ・韓国コスメ・K-POPなど本場に行けば韓国に染まることができます!

また、日本と近いこともありワーキングホリデーの際中に帰省ができてしまうことも魅力的ですよね。

韓国ワーキングホリデービザを取得するには?

韓国のワーキングホリデービザ申請料は無料です。(2023年8月時点)

  • 申請時の年齢が18歳以上30歳以下
  •  韓国滞在中に扶養家族を伴わない
  • ビザ申請時および取得時に日本国内にいる
  • 有効なパスポートを所持している
  • 韓国滞在期間中有効な健康保険に加入している
  • 渡航前に当面の生活資金がある (最低KRW 3,000,000)
  • 帰りの航空券または、その購入資金の証明ができる
  •  過去に韓国のワーキングホリデービザで入国した経験がない
  •  犯罪歴がない 

韓国ワーホリビザの申請に何が必要?

  • ビザ申請書
  • パスポート
  • カラー写真1枚 (3.5×4.5cm)
  • 活動計画書
  • 航空券コピーや購入証明書
  • 最終学歴証明書
  • 銀行預貯金残高証明書

>>韓国ワーホリ申請はこちらから

ワーホリで英語力を伸ばしたい!英語を伸ばせるワーホリ先とは

ワーキングホリデーを検討している方の多くは、語学力を伸ばしたい!英語を話せるようになりたい!と考えている方も多いと思います。

ゆりやん

私がおすすめするのは、オーストラリア・カナダ・イギリスの3カ国です!
それぞれ特徴が全然違うので参考にしてください!

オーストラリア

多国籍な英語に触れることができる!

オーストラリアには、移住、留学、ワーホリなど様々な目的でたくさんの国から渡航者が来ています。

異なる文化を受け入れてくれる人が多く、すぐに他国の友達ができると思います。

また、オーストラリアの都市部では部屋の賃貸料が高く、ルームシェアやシェアハウスをすることが多いので、多国籍な関わりを持つことができるでしょう!

カナダ

日本人のイメージする綺麗な英語に触れることができる!

カナダには英語ネイティブな人が多く、特に都市部では日本人がイメージする綺麗な英語を聞くことができるでしょう。そのため、本格的に英語を学ぶために留学している人も多いので、同じ目的を持った友達も増えると思います。

また、都市によってはアメリカに気軽に旅行に行けるところも魅力です。ただし、北米は結構物価が高いので遊びすぎには注意してください。笑

イギリス

本格的なイギリス英語が身につく!日本人も発音がしやすいかも!

イギリスは、オーストラリアやカナダに比べると日本人の割合が少なく、ワーホリを通じてご学力を伸ばしたい方にはぴったりの渡航先でしょう。

また、ハリーポッターの撮影地や有名な観光地もたくさんあるので、滞在中に飽きが来ることもないと思います。

ただ、カナダと同じように物価が高いので十分な生活費を用意していくことをおすすめします。

ワーキングホリデー協定国一覧

ここでは、ワーキングホリデー協定国の制限人数やビザ申請はいつできるのか、表にまとめたので参考にしてください。

現在、詳細がわかる27ヵ国の情報になります。

スクロールできます
制限人数ビザ申請
オーストラリア制限なし通年可能
ニュージランド制限なし通年可能
イギリス1500人(抽選)年2回(1月/7月)
アイルランド800人年2回(1月/7月or8月)
カナダ6500人(抽選)通年可能
アイスランド30人通年可能
アルゼンチン200人通年可能
エストニア制限なし通年可能
オーストリア200人通年可能
オランダ200人4月1日から先着順
スウェーデン制限なし通年可能
スペイン500人通年可能
スロバキア400人1月1日から先着順
チェコ400人通年可能
チリ200人通年可能
デンマーク制限なし通年可能
ドイツ制限なし通年可能
ノルウェー制限なし通年可能
ハンガリー200人詳細は政府サイトで確認
フランス1500人通年可能
ポーランド500人通年可能
ポルトガル制限なし通年可能
リトアニア100人通年可能
韓国10000人通年可能
台湾10000人通年可能
香港1500人通年可能
ウルグアイ100人詳細は政府サイトで確認
ワーホリ協定国

このほかにも、コロナが影響が薄まったことで続々と協定国が追加されてきているので最新情報は政府サイトなどを参考にしてみてください。

実際ワーホリってどうなの?オーストラリアワーホリ体験談

実際にオーストラリアでのワーキングホリデーはどうだったのか紹介します。

しゅーやん

ゆりやん、オーストラリアでワーホリは楽しかった?

ゆりやん

すごい楽しかったよ!
行ってみて感じたことは、オーストラリアは意外と美食の国だったことだね!

オーストラリアは美味しい食べ物がたくさんある?

オーストラリアで美味しい食べ物は?と聞かれると、パッと出てくる人は少ないかもしれません。

しかし、オーストラリアは移民の国でたくさんの国の人が集まっているので、世界中の美味しいものが集まっていました!

私たちは、主にシドニーに滞在していたので、たくさん飲食店がありいつも何を食べようか迷っていました!

◎ゆりやんとしゅーやんが食べた料理

日本食ラーメン・寿司・おにぎり・焼肉 など
イタリアンピザ・パスタ など
中華料理小籠包・餃子・チャーハン など
韓国料理スンドゥブ・焼肉・キムチ など
トルコ料理ケバブ など
スペイン料理アヒージョ・パエリア など
タイ料理カオマンガイ・タイチャーハン など
イギリス(オーストラリア)フィッシュ&チップス など
インド料理カレー など
各国の美味しいもの

これ以外にも、ハンバーガーやパンなど毎日外食しても足りないくらいに、美味しいものに溢れていました。

オーストラリアに行った際には、美味しいものを探してみてください!

ワーホリに持っていってよかったもの5選!

ワーホリを経験してみて、これは持っていった方がいいなと思うものがあったので紹介します。

現金

海外ではキャッシュレス化が進んでいる国が多く、ワーキングホリデーでは現金を使う場面はそこまで多くないかもしれません。しかし、現金しか使えないというお店もたまにあるので現金をおち歩いていれば安心感はあるかもしれません。

日本で両替をしていくなら、ドルユーロならお得なレートで両替できます。

 外貨両替サービスのドルユーロのクーポン使えます!

この記事を読んでくれた方に外貨両替ドルユーロで使えるクーポンを用意しています!

yas058

このクーポンコードを注文時に入力すると100円割引になるので是非使ってください!

外貨購入・外貨売却どちらでも使えます

ドルユーロについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【外貨両替ドルユーロ】お得なクーポンとおすすめポイントを紹介!口コミ評判や注文方法も解説 外貨両替ドルユーロで使える100円クーポン【yas058】を発行中!ドルユーロのレートや手数料、両替可能な通貨から、外貨の購入方法も解説しています。

海外用変換プラグ

変換アダプターは変圧機能のついたものを選ぶと良いでしょう。

実は私たち、変圧機能の無い低価格のアダプターを使ったら、ドライヤーから煙がもくもくもく…と出てきました。笑

火事にはなりませんでしたが、もし報知器を鳴らしたら止めるのに15万円ほどかかると言われていたため、流石にヒヤヒヤしました。笑

お気に入りの歯ブラシ

海外で売っている歯ブラシは大きいサイズのものが多いです。

アジア系のお店では日本の歯ブラシを売っていることもありますが、値段が高いので持っていける分は日本で買っていくことをおすすめします。

仕方なく海外の歯ブラシを使うとうまく歯を磨けず虫歯になることがあります。実際にしゅーやんは虫歯になった親知らずを海外の歯医者で抜いてもらいたくさんお金使っていました。笑

クレジットカード

海外では、支払いの際は現金よりもカード決済が主流です。

現金も持っていれば、いざというときも安心ですが、基本的にはカードを持ち歩いておけば問題はありません。

また、海外ではクレジットカードが身分証明に使える場合があり、銀行口座の開設や、郵便局で荷物を受け取る際に便身分証明として利用できました。日本国外からは日本のクレジットカードは作る事ができないので、出国前にクレジットカードを申し込んでおきましょう。

アメリカでワーキングホリデーはできる?

残念ながら、現時点ではアメリカでワーキングホリデーを行うことはできません。アメリカと日本はワーキングホリデー協定を結んでいませんが、ワーキングホリデーに代わる「J-1ビザ」というものがあります。

「J-1ビザ」は、教育・芸術・科学の分野における人材・知識・技術の交流を促進するためのビザと定義されていて、就労形態はさまざまですが、有給のインターンシップとして働くとワーキングホリデーと同じような生活が送れるのではないでしょうか。

J-1ビザの主な情報
期間インターンシップ:12ヶ月

トレーニー:18ヶ月
年齢制限インターンシップ:30歳まで
※米国国外の短大・大学生、または短大・大学新卒一年目の社会人経験がない方

トレーニー:年齢制限なし
※大卒の方は1年以上の職歴(研修先と関連性がない専攻の場合は2年以上の職歴)、高校・専門学校・短大の方は5年以上の職歴がある方
申請費用$160
条件就労先が見つかっていないとビザの申請ができない

ワーキングホリデー以上に英語力を必要とするので、J-1ビザの取得は計画的に進めていくと良いでしょう。

より詳しい情報は、以下の政府サイトを確認してみてください!

>>Exchange Visitor Visa|Travel.State.Gov
>>ビザサービス – 在日米国大使館と領事館

ワーキングホリデーを検討している方は、ゆりやんのオーストラリア滞在をまとめている「旅するゆりやん」記事も参考にしてください。

海外生活のリアルをお伝え出来れば幸いです。

あわせて読みたい
オーストラリアでボンド詐欺!シドニーでの忘れられない思い出 Millers Point (ミラーズポイント) 街紹介・場所・住んでみた感想 Allawahでお世話になったカップルの家とお別れし、次はFlatmatesで見つけたMillers Pointの家に移動し...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゆりやんの相方です!

ゆりやんと過ごしたオーストラリアでの体験談や英会話、海外旅行の発信を行っていきます!

ゆりやんのSNSのフォローよろしくお願いします。

目次